身近にある事故を防ぐ制御装置

人が誤って機械を操作した時に、事故を防ぐ仕組みのことを”フールプルーフ”と呼びます。
私たちの身近にある、制御装置で事故を防ぐ事例を紹介します。

  1. 洗濯機

    洗濯機のドラムなど回転している機械に人が触れることの無いよう、制御装置が活用されています。
    洗濯機では洗濯機のふたが空いた状態では動かないように、制御装置が作られています。
    同様に動いている途中ではふたが開かないように制御されています。
  2. 電子レンジ

    電子レンジで誤って人の顔や腕を加熱することの無いよう、ここでも制御装置が活用されています。
    電子レンジではふたが開いた状態では加熱できません。
    同様に過熱中にふたが開いた場合、過熱を中断するように制御されています。
  3. ファンヒーター

    ファンヒーターでは火災を防ぐために、ファンヒータが傾いたり、転倒している状態では、着火しないよう、制御装置が活用されています。
    同様に着火中に衝撃を受けたり、転倒した場合、消火するように制御されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です